マインドがセールに関係なしの安さ!

この本は目標の大切さ、特になぜその資格を目指しているのか、その先の将来像を本人にイメージさせて決意を持って臨ませるための手段にマインドマップを利用しています。あとは、実行・勉強するだけです。本のタイトルは【マインドマップ資格試験勉強法】で!確かに資格試験に効果を期待できるうえ!それ以外の勉強についての適応範囲も広いと感じました。

いまオススメの商品!

2017年01月16日 ランキング上位商品↑

マインドマインドマップ資格試験勉強法 [ 萩原 京二 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

他にも!通信講座の受け方。本書のメインはマインドマップの書き方ではないので!マインドマップの書き方をじっくり勉強したい方は!他の本で学習してください。結論としては!読んだだけではだめで!実践することが重要です。 等さまざまな資格試験勉強方が網羅されています。資格取得を目標に勉強をしている方は一度目を通しておいた方が良いかと思います。=最初に全容を把握することで情報の吸収力を上げる=ひとつひとつの知識をマインドマップによって繋げる●試験日までにやるべきことを明確にする必要がある。大人向けに書いてありますので本書のターゲット通り!大人が資格試験(TOEIC社会保険労務士)を目指す際の勉強法として活用することが実用的であると思います。そして!勉強を怠けない仕組みがつくれること。内容は私にとってはわかりやすく、さっそく実践しています。ただ!実践できれば・・・ですが。さらに、資格試験に陥りがちなのが、、、、怠け心。これとは別にマインドマップを書くトレーニングが必要だと思います。いくら勉強法を勉強しても結局は、勉強をしないとゴールには近づけないのです。●資格試験は体系的な理解が不可欠である。読んだことを実際に実践して資格取得を目指したいと思います。次に、勉強・資格を目指す動機が確認できること。また、目標達成のための計画の重要性と具体的な勉強法を活用できると、きっと目指した資格に合格できると思います。資格を目指す動機が何なのか?不合格になるデメリット・合格のメリット、その先にある大きな目的。子供の受験対策の参考になるかと思って購入しました。具体的にかかれて使えそうです。段階を踏んだ学習方法。資格勉強の仕方とそれをマインドマップと結びつけ方の本。資格試験合格を目指す方にお勧めしたいです。 第二章は,戦略について・・・何をどんな手順でどれだけ勉強すればいいか 第三章は,戦術について・・・五感をフル活用した全脳勉強法,記憶術 第四章は,計画について・・・目標設定とPDCAサイクル,時間確保 第五章は,気持ちについて・・イメージトレーニング,セルフコントロール当たり前のことが書いてあるのですが、効率的な勉強方法を体系的に記載されているので一読する価値のある本だと思います。勉強の仕方についてここまで丁寧に解説されて本は初めてではないでしょうか?ほとんどの人が何かしらの役に立つ情報を得られるはずです。また!モチベーションの維持の方法もとても参考になりました。特に時期別の勉強法が私には非常に為になりました。これらをビジュアルにすると勉強に対する動機がますます固まるでしょう。これは個人的な意見ですがマインドマップはやって損はないおもしろいノート術です。書いてあることはよくわかりますが!これでマインドマップが書けるかというと難しいですね。資格取得の勉強と理解を深める勉強は違うことがわかって良かったです。どストライクに書かれてあってよかったです。なるほど効果的な勉強法にもタイミングがあると感じました。内容はモチベーション維持の仕方についての記述が中心です。=何が分からないのかをマインドマップによって探し出す=探し出した出来ない分野をマインドマップで補完するこの点において絶大な効果ありと感じます。大人の資格試験のための勉強法ですが,中学生の受験勉強にも役立ちます。マインドマップを利用しビジュアル化し深層心理を探ってみましょう。今まで何冊も「勉強法」の本を買いましたが、これが一番、うまくまとめてある感じです。例えば、準備段階としてのマインドマップの利用方法は【勉強しなきゃ!と思いつつできない人】にとっては効果的だと思いますし、【効率よくポイントをしぼった勉強をできない人】にとっては学習方法の部分がとても役に立つと思います。効果的に勉強するためにもマインドマップの別の本を読むことをオススメします。疲れたから今日は勉強止めておこうといったことや!テレビみたいから勉強止めておこうということはないだろうか?自分の勉強を妨げるマインドマップをつくるのも良いでしょう。必ず実践して結果が出るよう活かします。求めていたのは基本書を読む際のマインドマップの使用法。マインドマップはおまけ程度の記載な気がしますが!書き方の例がいくつか記載されているので!これを参考にマインドマップもはじめてみたいです。特に社会人の方は仕事の後に勉強するパターンが多いでしょう。他の方のレビューにもありますが!マインドマップの書き方などが詳しく載っているわけではないので!そちらを勉強したい方向きではありません。ただしマインドマップの重要度の割にマインドマップの書き方についてそんなに詳しい解説はありません。(でも,中学生自身がこの本を読んでも使いこなせないかも・・・) 第一章は,動機について・・・前向きになれます。実践できれば!効率よく資格試験の勉強ができるし!マインドマップについても勉強できるので!今後のアイデア発想などにも役立つので!勉強法に興味がなくてもお勧めです。しかし、前半部分は、ちょうど自分の求めていた内容であったので5つ星にしました。勉強法とマインドマップの両方がこの1冊に詰まっていますよ。最後に、これらがマインドマップを利用したビジュアル的にわかること。様々な学習方法の良いところを取り入れながら,マインドマップで強化していく。自分のこれまでの勉強の仕方の欠点が見えるはずです。 この本に書かれている内容を,どんどん中学生に教えたくなります。マインドマップの作り方、使い方に終始しているわけではありません。具体的にどんな努力をすべきか、効率的な勉強法の紹介もありますので、ぜひ一読をお薦めします。音声講座通いのか?ビデオ、DVD通信が良いのか?合格までのスケジュールの立て方。まず、勉強の仕方がのっていること。勉強本の中では秀逸です。読みやすいですし、個人的には参考になりました。まだ途中までしかよんでませんが^^;マインドマップも良く知らないで購入したのですが(笑)非常に役立ちました。共著ということもあって全体のまとまりに欠ける。以上のようなメンタル的な部分のマインドマップ化と勉強方法のマインドマップ化部分も当然あります。私もそうですが!資格取得を考えている方で勉強の仕方がわからないといったような人向きだと思います。今!資格取得の為に勉強していますが!この本を読んで自分の勉強方法が間違っている事に気が付きました。マインドマップを実践するのがあるいみ壁になっているのが問題か・・・ マインドマップのことばかり書かれている本ではありません。これ一冊で、いくつもの勉強本の内容を網羅できるし、一番効果的だと思います。